AUDITION

劇団TYPESプロデュース公演
第101回公演

「ウィンザーの陽気な女房たち」

男女キャストオーディション開催!

スタジオの小さな空間で、良質な作品をお客様に楽しんで頂けたら幸いです。
代表・新本一真

この作品は、高校生観劇の、芸術鑑賞会作品としてマネジメントします。

【原作】
ウィリアム・シェイクスピア

【台本構成・演出】
パク・バンイル

【作品】
ウィンザーの陽気な女房たち

【場所】
studio applause

【日時】
2019年9月10日(火)〜9月16日(月・祝日)
10(火)14:00(公開ゲネ)・19:00
11(水)14:00・19:00
12(木)14:00・19:00
13(金)19:00
14(土)12:00・16:30
15(日)13:00
16(月)祝日13:00
◎全10ステージ

【ストーリー】
ウィンザーにやってきたフォルスタッフは金に困っている。そこで、ウィンザーの裕福な女房たち、フォード夫人とペイジ夫人に言い寄ることにする。フォルスタッフは名前だけ変えて内容はまったく同じラブレターを送ることにし、子分のピストルとニムに届けさせようとしたが、2人がそれを拒んだので首にする。ピストルとニムはフォルスタッフの企みを夫のフォードとペイジにばらす。ペイジはさほど心配しないが、嫉妬深いフォードは気にする。そこでフォードは「ブルック」と偽って、フォルスタッフに紹介してくれるようガーター亭の主人に頼む。

ペイジ夫妻の娘アン・ペイジを得ようとする3人の男(フェントン、スレンダー、キーズ医師)がいる。ペイジ夫人はフランス人のキーズ医師との結婚を望むが、ペイジはスレンダーがいいと思っている。しかし、アン本人が好きなのはフェントンである。ペイジは財産を食いつぶしたことでフェントンが気に入らない。

ウェールズ人牧師のヒュー・エヴァンズはスレンダーのために、アンと親しいキーズ博士の使用人クィックリー夫人に協力を求めるが、それをキーズ医師に知られる。キーズ医師はエヴァンズに決闘を申し込む。しかし、ガーター亭の主人がエヴァンズに違う場所を告げ、決闘はなんとか回避される。
ヨハン・ハインリヒ・フュースリー画『洗濯籠のフォルスタッフ』(1792年)
フォルスタッフから恋文を受け取った女房たちは、そのことをお互いに打ち明ける。そして、名前を除けば手紙がまったく同じものだと知る。女房たちは年老りででぶのフォルスタッフにはなから興味がなかったが、懲らしめてやろうと、フォルスタッフの誘いに乗ったふりをする。フォード夫人は夫の留守中に家に訪ねるよう、クィックリー夫人を通してフォルスタッフに伝える。

「ブルック」に化けたフォードはフォルスタッフに会って、フォード夫人に恋していると嘘を言う。そして、自分とフォード夫人をとりもってくれるよう、大金を渡してフォルスタッフに頼む。女房の浮気を立証するためである。フォルスタッフはフォード夫人から誘われていることをブルック=フォードに打ち明ける。

フォルスタッフはフォード夫人に会いに行く。フォード夫人はフォルスタッフを汚れ物の入った洗濯籠の中に隠し、使用人たちに籠を川に捨てるよう命令する。そこにフォードが帰ってくるが、フォードはフォルスタッフを見つけられなくて悔しがる。
しかし、それにも懲りず、フォルスタッフは再度フォード夫人に会いに行く。そこにまたフォードが来て、フォード夫人は今度はフォルスタッフを太った女性に変装させて逃がす。フォルスタッフにとっては毎回踏んだり蹴ったりである。
女房たちは自分たちのやったことを夫たちに打ち明け、今度は全員でフォルスタッフを懲らしめることにする。

フォード夫人から、「狩人ハーン(Herne the Hunter)」の恰好をして、ウィンザーの森(現在のウインザー・グレート・パーク Windsor Great Park)のオークの木の下で待つように言われ、やってきたフォルスタッフだが、そこにフェアリーに変装したアンや子供たちが現れ、仰天する。この時、ペイジはスレンダーに、ペイジ夫人はキーズ医師に、妖精に扮したアンを連れ出し教会で結婚式を挙げるように言われるが、アンを連れ出したのはフェントンだった。

【チケット料金・税込】
一般前売りチケット・3500円
一般当日チケット・3800円
大学生以下チケット・2500円(学生証提示)
公開ゲネ・2500円(一般、学生共)

【リハーサル】
8月6日、顔合わせ予定。8月7日よりリハーサル開始。
studio applauseか、墨田区、中央区近辺地域センターにてリハーサルを予定、
本番一週間前以外は土日はOFF。
時間は13:00〜16:30、もしくは18:00〜21:30で調整して組みます。

【募集配役と詳細】
サー・ジョン・フォルスタッフ(Sir John Falstaff)
フェントン(Fenton) - 若い紳士。
シャロウ(Shallow) - 治安判事。
スレンダー(Slender) - シャロウの従兄弟。
フォード(Ford) - ウィンザーに住む紳士。
ペイジ(Page) - ウィンザーに住む紳士。
ウィリアム・ペイジ(William Page) - 少年。ペイジの息子。
サー・ヒュー・エヴァンズ(Sir Hugh Evans) - ウェールズ人牧師。
キーズ(カイアス)医師(Doctor Caius) - フランス人医師。
ガーター亭の主人(The Host of the Garter Inn)
フォルスタッフの子分たち
バードルフ(Bardolph)
ピストル(Pistol)
ニム(Nym)
ロビン(Robin) - フォルスタッフの小姓。
シンプル(Simple) - スレンダーの召使い。
ラグビー(Rugby) - キーズ医師の召使い。
フォード夫人(Mistress Ford)
ペイジ夫人(Mistress Page)
アン・ペイジ(Mistress Anne Page) - その娘。フェントンに恋する。
クィックリー夫人(Mistress Quickly) - キーズ医師の使用人。
ペイジ、フォードの召使いたち男女全てのキャスト。

舞台経験者、もしくは未経験でもやる気と、誠意を持って取り組める方。
20代から70代までの男女。
心身ともに健全な方。
制作、演出と互いに敬意を持って取り組める方。

【エントリー】
必ず作品名を明記して、プロフィールと画像(バストアップ、全身)を添付か郵送、電話番号も明記。
書類審査合格者のみにご連絡後、厳正な審査のためエントリー順に一人ずつオーディションをします。
合否は即日決定します。

【条件】
チケットノルマあり(応相談)、ギャラあり、チケットバックありです
本番1週間前のNG不可。
契約書を作成します。

【送付先】
メール/kazumapro.ad@gmail.com
郵 送/Kazuma Productionオフィス
〒130-0021墨田区緑2-13-19 秋山ビル302号
ウィンザーの陽気な女房たち係

△ このページのトップヘ

カズマプロ代表/新本一真 (パク・バンイル)
a stage,power
〒130-0026墨田区両国3-19-8日東第2ビル1階
HP090-3876-3305 info@types.jp https://types.jp/