AUDITION

■ スタジオアプローズ・プロデュース第一弾

 最愛の慈泣き

パク・バンイル(日本演出者協会)プロデュース
ひなた菱咲、作・演出
両国・スタジオアプローズ公演決定!
作題:最愛の慈泣き

場所:studio applause(スタジオ・アプローズ)
〒130-0026 
東京都墨田区両国3-19-8 日東第二ビル1F
JR「両国」駅東口より徒歩5分
日程:9月20日(水)〜24日(日)
20日(水)  ─ / 19時
21日(木) 14時 / 19時
22日(金) 14時 / 19時
23日(土) 14時 / 19時
24日(日) 13時 / 16時30分
料金
前売3500円
当日券3800円
大学生以下2000円(学生証提示)

作・演出:ひなた菱咲
「奴らは生きる為に意思を呑むんだ」
「得た物を消化する為に」「消化を助ける為に、その腹に」
「石を呑みこむ」
アイドルは偶像か。ニンゲンは実像か。
華やかなアイドル達の中に生まれた1つのユニット、ジャイアントモア。
彼女達は生き、戦い、躍り、跳び、翔んで、そして狙われる。
ひらひらと羽ばたく彼女達を落とし枯らすのは、果たして環境だろうか、時間だろうか、個体差による競争の末路だろうか。
ヒトは、ニンゲンは何をしたのだろう。
ジャイアントモア、その飛べぬ鳥は如何にして滅んだのか。
飛び立てなかった彼女達、利用され尽くした彼女達の、美しい命の姿を私たちは知らない。
──私達を殺したのはニンゲンだ、
ニンゲンの、欲望に熱く煮える人間の意思で殺されたのだ──
「だから俺達は、奴らの呑みこむはずの石を熱してやれば良いだけさ」

【エントリー】
プロフィールと、画像(バストアップ、全身)を添付か郵送、電話番号も明記。
書類審査合格後、エントリー順にオーディションをします。

【条件】
多少ノルマあり、ギャラあり、チケットバックありです。
本番1週間前のNG不可。
契約書を作成します。

【送付先】
メール/kazumapro.ad@gmail.com
郵 送/Kazuma Production 〒130-0021墨田区緑2-13-19 秋山ビル302号
両国・スタジオアプローズ/最愛の慈泣き係

△ このページのトップヘ

Kazuma Production カズマプロ  a stage,power
〒130−0021 東京都墨田区緑2−13−19 秋山ビル302号
Tel & Fax: 03-6751-8098
URL http://types.jp  E-Mail info@types.jp